Non−Degree Programs


学位(
Degree)が取れるまで何年も滞在するのではなく、短期間の留学をする人のためのプログラムです。このプログラムに入ると原則として正規の授業、講義を履修することが可能です。特定のテーマに絞ったり、名指しの特定の教授のところで勉強したり、或いはアメリカの大学で一般教養科目を英語でとってみたい人に適しています。このようなプログラムはたいていの総合大学にあります。入学資格は英語能力(TOEFL)の他は、一応形式的なものです。正規の学生と同じ科目を取り、学期試験を受け、成績もつきます。授業料は一科目いくらと決まっています。留学生の場合、移民法の関係で夏学期以外の学期中は4科目を履修する必要があります(夏は許可証が出ます)。ビザはF−1(学生用)、J−1(Exchange Visitor)、またはI(報道関係の人)となります。


T.当センターからのサービス


A.入学まで

  1. 志望先、学校選択のご相談。

  2. 入学願書の取り寄せ、送付。

  3. 書類取り揃えの上でのご相談。

  1. 入学申込書(Application Form

  2. TOEFLテスト

  1. 志望先学校の入学事務局(Admissions Office)との連絡、接触。

  2. 合格校の中より最終一校の選定

  3. ご質問に対するお答え


B.入学決定後

  1. 住居(Housing)に関する情報送付とその選定。

  2. 査証(ビザ)の取得 F、J、I等。

  3. (緊急時における)入学金、授業料等のドルでの立替払い。

  4. 銀行口座開設、小切手の取り扱い等生活一般のご相談。

  5. 科目選択、(履修に事前承認を必要とする場合の)教授との折衝等。

 

U.具体的なステップ


ステップ1(学生)

US-Japan Institute(以下センター)へ申込書の請求。


ステップ2(センター)

申込書を送付。


ステップ3(学生)

申込書に希望の項目を書き入れて、センターへ送付。


ステップ4(センター)

希望に沿った学校(数校)を選ぶ。入学願書を取り寄せ、送付。


ステップ5(学生)

TOEFLテストを受ける。入学願書を用意する。


ステップ6(センター)

入学願書を用意する上での助言、ガイダンス。


ステップ7(学生)

TOEFLスコアが志望先大学へ送られるよう手配する。入学願書を送付。

ステップ8(センター)

志望先学校へ連絡して書類、テストスコアの到着を確認。


ステップ9(学生)

合格通知を受けた学校の中より一校を選定し、学校に通知。


ステップ
10(センター)

入学後の住居(Housing)に関する情報送付。査証(ビザ)取得のための書類(I20)を送付。(必要であれば)渡米のためのスケジュール、航空券の手配、空港での出迎え等の手配。(緊急時における)入学金、授業料等のドルでの立替払い。米国到着後の生活一般に関する情報提供、ガイダンス。


V.会費


当センターは免税措置を受けた非営利組織です。お世話をする上で実際にかかる費用を会費として申し受けます。

会費:1,000 USドル 

(T−A.入学までの(1)〜(6)とB.入学決定後の(1)、(2)、(4)、(5)の基本サービスを含みます。)

実費:T−B(3)空港での出迎え、渡航切符の手配、国際宅急便の使用、(4)緊急時の入学金の立て替え等個々の会員のニーズで個別に 掛った費用は別途お払い込みをお願いします。

 

W.当プログラムへの申込手続き

 

  1. 下記の「アメリカ留学支援プログラム申込書請求書」にご記入の上、このページを使いEmail(またはFax)で申込書を請求してください。

  2. センターから送付する申込書にご記入の上、センター宛てに返送してください。申込書を受け取り後、直ちに作業に入ります。

  3. その後のセンターとの連絡のやり取りは原則としてEmailで行ないます。

 

X.ご質問について


当プログラムについてのご質問がありましたらご遠慮なくEmailでお尋ね下さい。


アメリカ留学支援プログラム申込書の請求書